自分でiphoneのバッテリーを交換してみたら、動作が遅かった理由もバッテリーにあったと判明した件

自分でiphone6sのバッテリーを交換してみた

バッテリー持ちが悪いなと思っていたので、新年の景気づけに自分で交換してみました。結果としてはこんな感じです。

  • 全てコミコミで2200円
  • 従来品より役1.3倍の容量アップできた
  • 変える前より動作スピードが上がった気がした

下に詳しく説明を書きます。一個目と二個目についても軽く触れますが、三つ目について調べたところそこそこ闇が深そうだったのでこちらを詳しく解説しようと思います。

・かかった費用と使ったもの

まずかかった費用と使ったものについて紹介します。費用ですがApple公式の修理サポートでは11000円のところを自力での交換では、用具など全てコミコミで2200円で交換できました!!
そして交換に際して使ったものは次の二つです。

使ったもの1: Amazonで売っているバッテリー交換キット

交換用のバッテリーはAmazonに売っています。PSEの準拠していれば問題ないかと思います。交換に必要な用具も工具もついてきます。クーポンがあるので2400円ほどで購入可能です。ちなみに僕は同じものをメルカリでもう少し安く購入できました。

使ったもの2: Youtubeのバッテリー交換解説動画

6sに限らずとりあえずiphoneであれば分解の仕方を解説してくれている動画はYouTubeにあります

・バッテリーの容量が増えた訳

続いてバッテリー容量が増量したわけについての説明です。
理由は簡単で、先ほど触れたamazonなどで販売されている交換用バッテリーには従来品と同じバッテリー容量のものとそれより少し容量が大きい大容量版の二種類があります。大容量版に交換することで元々1715mAhから2200mAhと約1.3倍の増量を果たしました。

・バッテリー交換後の動作スピードの改善について

そもそもバッテリーは消耗品であることは皆さんご存知だと思います。そして時間が経つとバッテリーは劣化し、バッテリーが劣化するとバッテリーの持ちが悪くなるということは皆さんも知るところだと思います。ただしiphoneの場合に限ってはそれだけではないようです。

バッテリーが劣化するとパフォーマンスも劣化するっぽい(ただしiphoneに限る)

iphoneには「ピークパフォーマンス」という設定項目があります。これは本体設定からも確認できます。

これは、バッテリーの性能低下により端末が急にシャットダウンすることを防ぐための方策だったのですが、2017年登場のiPhone X/8/8 Plusでも意図的な性能低下が起こることが明らかになっており、最新モデル以外のiPhoneではいずれ低スピード化する日が訪れます
出典: 自分のiPhoneがいつのまにか低スピード化されてしまうのを回避する方法

まずiphoneのバッテリーの劣化が進むと突然シャットダウンする現象が発生するようです。GIGAZINEの記事によると、「ピークパフォーマンス設定」はiPhoneの突然のシャットダウンを防ぐ目的で導入されたものだそうです。
しかしこの設定の中身は、「iPhoneのパフォーマンスを制限することで消費電力を削減し、突然のシャットダウンを防ぐ」という仕組みです。つまりこの「ピークパフォーマンス設定」がパフォーマンスを低下させる原因となっているのです(ピークパフォーマンス設定をオフにすることもできるが、その後に突然のシャットダウンが発生すると再びオンに戻る)。

参考リンク

まとめ

iphoneのバッテリー持ちだけでなく、動作が遅いなぁと思ったらバッテリーの劣化によるピークパフォーマンス設定が原因かもしれません。買い替えを検討する前に、バッテリーの交換を検討してみてはいかがでしょうか?
また自前での交換も意外と簡単だったのでおすすめです!!

最後までご覧いただきありがとうございました

こっちは真面目に作ってます。笑

サクっとプログラミング

iOSアプリ開発のあれこれがまとまるwebサイト